将来相続する不動産を担保にしたいなら

現在不動産を所有していないけれどもいずれ相続して手に入れられる不動産がある人は多くいらっしゃいます。
ただ、現在不動産名義が違ってきていますので、その不動産を担保にしてお金を借りることは非常に難しく、断られてしまう場合が多いです。
もし、現在不動産名義が親だけれども担保にしてお金を借りたいとしているのなら一度日本保証に相談してみましょう。

日本保証で扱っている不動産担保ローンは、第三者の不動産でも提供してもらうことができれば対象となり借りられるようになっています。
コレは親名義でも同様で、提供をOKとしているのでしたら対象となり、融資してもらえる可能性があります。
ただ、親に内緒で担保にすることはできず、同意してもらえない場合は融資対象外となってしまいますので注意が必要です。

不動産担保ローンで別名義不動産を担保にする場合は、許可の有無を確認します。
また所有者に関する書類が多く必要となってきてしまい、内緒で書類を集めることが難しいですので内緒できませんし許可してもらえない場合もできません。
まずは親に相談し、担保にしてもよいのかどうかを確かめ許可を得てから日本保証に相談し申込するのかどうかを決めるようにしましょう。http://www.casa-inc.co.jp/nhs.htm