卵子ドナーにできること

これから少子化がどんどん進んでいって労働力が減少していくのに、高齢者ばかりが増えていくことから、日本は衰退していくばかりだ、と想定する専門家が多くいます。
けれども女性たちの多くが子供を欲しがっていないのかというと決してそうではなく、たくさんの時間と労力とお金を費やして、つらい不妊治療に励んでいる人が大勢います。
それを少しでも助けることができれば、苦しんでいる女性を助けることになり、国の少子化を解消することになります。
一人の力では改善できない大きな問題ですが、数を積み重ねれば必ず変わるとも言えます。
そんな期待が寄せられているのが卵子ドナーです。
その名の通り、卵子を提供するためのドナーということです。
卵子ドナーは20歳から30歳までの病気歴がなく、薬もタバコも摂取しておらず、日本国籍を持っていて、海外に2週間程度滞在することが可能な人がなることができます。
卵子ドナーから提供された卵子を妊娠したい女性が体の中で自らはぐくむことができるので、代理出産では得られない自らの妊娠という実感が持てるところが最大の特徴です。
ドナーから提供された卵子によって妊娠する可能性は非常に高くなっており、まさに最先端の不妊治療方法と言えます。

くわしくはここをクリック!