ファン向けの本が多くて充実している出版社

芸能や文化関連の書籍を好んで読む私は、気がつけば白夜書房の本をレジに持っていっています。
ここはクロスワードから落語まで幅広いジャンルの本を扱う出版社ですが、中でも芸能関係は充実していて好きです。
私が今回買ったのは白夜書房のももクロ画談録です。
これは、ヤンキー漫画を描いていた作者が描いたももいろクローバーZのファンブックで、漫画でわかりやすくももクロの魅力がのっています。
ファン向けなので知らない人はわからない部分も多いですし、一度読んでも理解できないところもありますが、くりかえし読んでみたりネットで知識を拾って読んでみると内容が理解できます。
作者は50代でももクロにはまってしまったと公言しているとおり、ももクロへの愛が随所にあふれています。
なかなかパワフルな内容なので圧倒されてしまいましたが、やはり私も一人のももクロファンですから、作者の気持ちがよくわかりました。
ここの本はファン向けが多いですが、興味を持った人を裏切らないラインナップが多いです。